AEON WORLD FESTA イオンワールドフェスタ

2016.11

世界各国の特派員からトレンドや流行などの最新レポートをいち早くお届けする「世界いいものレポ」。今回はアメリカから「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」についてレポートします。

年に一度の大特価!米国の年末お買い物商戦

冬のアメリカは日本と同じく、クリスマスプレゼントや自分へのご褒美など、お買い物が楽しい季節。お店側も気合を入れて、このシーズンにのぞみます。

一年で一番お得な2日間

サンクスギビングデーの翌日、11月の第4金曜日はアメリカで「ブラックフライデー」と呼ばれています。この日を境にデパートなどの小売店は一斉にクリスマスセールを開始。売り上げが一年で一番多いと言われるほど「黒字」になることからこのような名前がつきました。さらに、翌週の月曜日は「サイバーマンデー」と呼ばれ、通販などでオンライン上のクリスマス商戦が始まります。この時期は日本の初売りのように、たくさんの人がショッピングを楽しみます。

時代に合わせて変化するお買い物スタイル

ブラックフライデー当日は、開店と同時に多くの人がお目当ての商品めがけてダッシュ!そのため店内は大パニックに。ここ数年は混雑を避けようと11月初旬から前倒しでセールを開始するお店が増えてきました。同じように、サイバーマンデーよりも早く値引きを始める通販サイトも出てきています。この3年間、どちらの日も売上は伸びていますが、買い物のスタイルが多様化してきているのを感じます。

家電はセールで買うのが鉄則

クリスマスセール中は、毎年、家電製品がよく売れます。そのため家電量販店はこの時期最も多くの人で混雑しているお店の一つ。中でも、今年特に売れると言われているのが携帯電話関連グッズ。充電器、ケース、ヘッドフォン、スマートウォッチなどに人気が集中しそうです。今すぐ店頭で手に入るものでも、大規模なセールとなるブラックフライデーやサイバーマンデーを待って、プレゼントや自分用に購入する人が多いようです。

熱気ムンムン!アメリカ女性のセール事情

日本の初売りと同じく、ブラックフライデーとサイバーマンデーはいつもなら手が届かないブランド品を安く購入できるチャンス。ショッピングモールは、前日の深夜から多くの女性客が並び列を作ります。ブラックフライデーとサイバーマンデーは祝日ではないのですが、仕事の合間に買い物を楽しむ女性がたくさん。セールでゲットした商品を使ったファッションコーディネートを紹介するブロガーも登場し、アメリカ女性のショッピングへの関心の高さを感じます。

ページトップへ

いかがでしたか?
次回からは4回にわたって「世界各国のクリスマス」について
レポートします。お楽しみに!