AEON WORLD FESTA イオンワールドフェスタ

2016.11

世界各国の特派員からトレンドや流行などの最新レポートをいち早くお届けする「世界いいものレポ」。今回はアメリカからサンクスギビングデー(感謝祭)についてレポートします。

おいしく食べて皆でお祝い!米国のサンクスギビングデー

日本ではまだあまり馴染みのない「サンクスギビングデー」ですが、アメリカではクリスマス前の大切な行事。一体どんなイベントなのかご紹介します。

歴史あるサンクスギビングデー

アメリカでは毎年11月の第4木曜日はサンクスギビングデー(感謝祭)と呼ばれる祝日で、学校や会社はもちろん、スーパーやレストランもお休みに。その起源は1621年にイギリスから来た「ピルグリム」と言うキリスト教徒の移住者が、アメリカの先住民「ネイティブアメリカン」と一緒に秋の収穫を祝ったことが始まりだそう。現在では宗教的な意味は薄く、家族や親しい友人と集まって、ターキー(七面鳥)の丸焼き、マッシュポテト、パイなどを食べる日になっています。

感謝祭ディナーはターキーが主役

サンクスギビングデーは別名ターキーデーとも言われます。ターキーとは日本語で七面鳥のこと。この日の料理に欠かせません。元々はピルグリムとネイティブアメリカンが、秋の収穫を祝う席で食べたことがきっかけと言われています。サンクスギビングデー当日のアメリカ家庭では、朝から自宅のオーブンでターキーを焼き始め、1日かけてその他の伝統料理を手作り。夜はたくさんのごちそうを囲んで、食べ物の恵みに感謝しながら家族や友人とディナーを楽しみます。

ターキーにぴったり!スタッフィングと特製ソース

ここではサンクスギビングデーによく食べられるターキー料理をご紹介。ターキーを丸ごと一羽用意したら、中身を取り出し、「スタッフィング」や「ドレッシング」と呼ばれる詰めものをします。レシピは家庭によって様々ですが、クルトンのような小さく角切りにした乾燥パンと、同じように細かく刻んだ野菜や果物などが基本の材料。オーブンでこんがりと焼き上げたら、甘酸っぱいクランベリーソースや、ターキーの肉汁と小麦粉で作るグレービーソースを付けていただくのがアメリカでは定番です。

新定番!?トレンドはハム料理

最近のアメリカでは、ターキーのほかにも定番化しつつある料理があります。はちみつ、砂糖、スパイスなどで作った「ハニーグレイズソース」をぬって、オーブンで焼かれた大きなハム。これが、サンクスギビングデー間近になるとスーパーなどでターキーと隣り合わせで販売されています。ターキーと一緒に食卓にのぼることが多いのですが、ハムだけをメインの料理にする家庭も。イースターやクリスマスといったイベントで食べられることもある、特別なメニューです。

いかがでしたか?次回はサンクスギビングデーの
翌日から始まるアメリカの冬商戦「ブラックフライデー」と
「サイバーマンデー」ついてレポートします。お楽しみに!