AEON WORLD FESTA イオンワールドフェスタ

2016.6 甘いもの好き必見!アメリカの食文化【PART 4】

アメリカ人は甘いものが大好き。ということで、今回はニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴから長年愛される定番のスイーツをご紹介します。

定番スイーツ、チェリーパイ

アメリカで、パイは感謝祭やクリスマスなどのイベントで食されますが、日常的にもニューヨークのパン屋やパイ専門店でよく見かけられます。パイはフルーツを使用したものが多く、なかでもチェリーパイは季節を問わず販売されている人気の商品。アメリカでは「クラシック・チェリーパイ」と呼ばれることもあるほど伝統菓子として親しまれています。パイの中にはアメリカンチェリーがぎっしり敷き詰められ、甘酸っぱいチェリーを存分に味わえるのが魅力です。

甘酸っぱいチェリーターンオーバー

パイやタルトは一般的ですが、さらに家庭で簡単に作れるのがチェリーターンオーバー。アメリカンチェリーを使ったお菓子で、子供からお年寄りまでみんな大好き。四角く切ったパイ生地の真ん中に甘く煮たチェリーをのせて三角形になるように半分に折り、溶いた卵白で周りを閉じて焼いたら出来上がり!カリフォルニアではチェリーの旬は6月頃ですが、冷凍のものならばいつでも作ることができる、朝食やおやつにもぴったりのお菓子です。

なめらか濃厚!シカゴ生まれのブラウニー

日本でも人気のあるブラウニーですが、実はシカゴ生まれのデザートです。1893年のシカゴ万博の際、シカゴのパルマーハウスのホテルのシェフが、女性のために気軽に食べられる新しいデザートとして作ったのが始まりだと言われています。このシカゴ生まれのブラウニーはチョコレートが濃厚で、舌触りもとってもなめらか。また、アメリカでは12月8日は「ブラウニーの日」とされ、ブラウニー発祥の地であるこちらのホテルでは、なんと無料でブラウニーが配られます。

ページトップへ