AEON WORLD FESTA イオンワールドフェスタ

2017.4

世界各国の特派員からトレンドや流行などの最新レポートをいち早くお届けする「世界いいものレポ」。今回はタイのブルーエレファントを紹介します。

バンコクに出現した高級タイ料理店
「ブルーエレファント」をレポート!

高級タイ料理店の最高峰、リピートしたいお店NO.1の「ブルーエレファント」へ潜入取材!世界のVIPを虜にした看板料理「ブラックチキンのグリーンカレー」や店名を冠した「パッタイ」の美味しさの秘密に迫ります。オリジナル調味料などが並ぶお土産コーナーも必見です!

ベルギーから逆輸入された
高級タイ料理店


古い建物の中にレストランがありますが、建物の周囲はすべて高層ビル。まさに都会のオアシスです。

バンコクには世界のVIPが訪れる高級タイ料理店がいくつかあります。その最高峰と言われるのが『ブルーエレファント』。実はこのお店、ベルギーでスタート、欧州各国に支店を展開し、2002年にタイに凱旋しました。歴史ある建物を改装した優雅な雰囲気の店内は、富裕層や外国人観光客で常に賑わっています。

料理はチーフシェフNoororさんの家庭の味。ベルギー人の夫が彼女の料理に感動し、世界に広めたのです。そんな料理をシェフ自らが惜しみなく指導する教室も併設。食べること、そして調理を経験することでタイ料理への造詣を深めることができるレストランなんです!

斬新なメニューと高貴なおもてなし

「ブルーエレファント」のメニューは、とにかく斬新!世界各地を回ってインスパイアされたオーナーが考案したアイデアメニューが並びます。料理のタイミングも絶妙。お替わりできる「香り米」や「玄米」は昔ながらのタイ式米びつからよそってくれます。湯気が立ったままのお米はタイの田園風景を想起させる優しい香りがしました。
上品で洗練された雰囲気が漂う店内で、タイの伝統衣装を纏ったウェイターのホスピタリティあふれる心地よいおもてなしを受け、初めてでも寛ぎながら料理を堪能できます。店の周囲は高層ビルに囲まれていますが、ここだけは昔のタイそのものといった異空間です。


店内は昔の建物らしく木材がふんだんに使用されていて、落ち着いた雰囲気です。

絶品!看板メニューの2品


たっぷりのココナッツミルクなのに軽く食べられてしまうグリーンカレー。辛さもマイルドです。

数あるメニューの中で外せないのが「チキン・グリーン・カレー」と「ブルーエレファント・パッタイ」です。「チキン・グリーン・カレー」はブルーエレファントの看板料理。オリジナルのグリーンカレーペーストとココナッツミルクで煮込まれたジューシーな鶏肉は絶品!ライスやつけ合わせのロッティー(平たい揚げパン)ともよく合います。そして、店名を冠したパッタイ(タイ風焼きそば)はモチモチとした麺が特徴的で、大きなエビがたっぷり!マイルドな辛味で、タイ料理初心者でも安心して食べられます。

入り口横のグッズコーナーは宝の山!?

絶品料理を堪能した後のお楽しみは、店内の入り口横のグッズコーナー!ゾウの置物やマグカップ、カレーソースやペーストなど様々なオリジナルアイテムが並びます。中でも特におすすめなのがレトルト食品やオリジナル調味料。グリーンカレーやトムヤムスープのレトルトは70gサイズからあるのでお土産にも最適!オリジナルの調味料やソースを購入して、肉や魚、野菜をつけて食べるだけで、食卓が「ブルーエレファント」に早変わり!家庭にいながら高級タイ料理店の味を堪能できます。


入り口横の小さなスペースですが、見逃さないで!壁には著名人の写真があって、すごい顔ぶれです!

ご紹介した一部商品が買える!

北海道・本州・四国・沖縄のイオン・イオンスタイルで開催!
詳しくはイオン タイフェア特設ページをチェック。

※販売される商品は実際の商品と異なる場合がございます。
※ご紹介の商品が売り切れの場合はご容赦ください。
※店舗により取り扱いがない場合がございます。

ページトップへ