AEON WORLD FESTA イオンワールドフェスタ

2016.03  色とりどりにお祝い!世界のイースター

日本でも耳にする機会が増えてきたイースター。いったいどんなイベントなの?ということで、今回は世界のイースターの祝い方をご紹介します!

春の訪れを祝うスペインのイースター(スペイン1)

スペインにとってのイースターとは、長い冬を越えて春の訪れを祝うお祭りのこと。カトリックのこの国では、まず2月にカーニバルがあり仮装をして街をねり歩きます。そしてその40日後にイースター「セマナサンタ」がやってきます。セマナサンタというのは直訳すると「聖なる週間」のこと。この期間はスペイン各地で山車が出たりさまざまな宗教行事が行われます。普段は無宗教だという人も大勢いますが、やはりカトリックが習慣のベースになっています。

スペインの卵料理といえばコレ!(スペイン2)

スペインの卵料理の定番といえば「スペイン風オムレツ」でしょう。スペイン語では「トルティージャ・デ・パタタ」と言います。直訳すると「ジャガイモのオムレツ」。その名のとおり、食材にじゃがいもは欠かせません。作り方はオリーブオイルでジャガイモ2個を揚げた後そぎ切りにして、6個~8個の溶き卵の中に投入。塩コショウでシンプルに味付けをし、3~4回ひっくり返しながら弱火でじっくりと焼き上げます。厚みや半熟加減は、スペインでも各家庭の好みがあるようです。

スーパーでもオムレツの味は間違いなし(スペイン3)

1日に5回食事をすると言われているスペイン人。そのため、1日を締めくくる夕飯は夜10時頃からスタートする人が多く、スペイン風オムレツだけで済ませる人も少なくありません。また、学校や会社でのおやつ用にフランスパンに挟んだボカディージョ(サンドイッチ)を持って行く人も多いです。自分で作るのが面倒な人はスーパーで出来合いのオムレツを購入。しかしそこはスペイン風オムレツの本場。スーパーのお惣菜とはいえ、家庭の味にも負けず劣らずな一品が揃っています。

ページトップへ

給食としても愛される卵料理(スペイン4)

スペイン風オムレツの他にも一般的な卵料理として「アロス・ア・ラ・クバナ(キューバ風ごはん)」があります。普通に炊いた白いご飯にトマトソースをかけ、その上に目玉焼きを乗せれば出来あがり。お好みでフライドポテトやソーセージを添えたりすることも。学校給食にもよく出る子供たちに人気のメニューです。また「ウエボス・ロトス(スクランブルエッグ)」も家庭でよく食べられる卵料理の一つ。生ハムやチョリソ(辛いソーセージ)を入れるのがスペインならではの味付けです。

アメリカの風物詩イースター(アメリカ1)

イースターとはキリスト教の祝日で、イエス・キリストの復活祭とされています。聖書によると、イエスは金曜日に十字架の上で亡くなってから3日後の日曜日に生き返ったとされています。復活の日は毎年違って、春分の日のあとの最初の満月から数えて最初の日曜日と決められており、今年は3月27日がそれにあたります。ハロウィンやバレンタインデーと同様に、今でもちゃんと学校、教会、コミュニティーセンターなどでイベントが行なわれ、賑やかにお祝いされています。

子供たち大はしゃぎのエッグハント(アメリカ2)

イースターの日が近づくと、卵に様々な絵をかいたり、色を塗ってデコレートしたり、イースターバニーに関する飾りつけをしたりします。また、イースターにはエッグハント(egg hunt)というメインイベントがあり、プラスチックのカラフルな卵の中にお菓子やおもちゃが入ったものを庭や公園の芝生などに隠してそれを子供たちが探します。参加する子供たちはパステルカラーのドレスや洋服を身にまとい、卵を入れるバスケットを片手にエッグハントを楽しみます。

ページトップへ

イースターといえば!イースターエッグ(アメリカ3)

イースターの伝統的な料理といえば、真っ先に思い浮かぶのが固ゆでたまご(イースターエッグ)でしょう。ゆで卵にペイントなどをしてプレゼントするのが昔からの風習です。現代では卵の形のチョコや卵型のプラスチックにお菓子を詰めたものなどで代用されたりもします。なぜイースターの日に卵なのかは諸説ありますが、そのうちの一つとして卵は昔から繁殖力の象徴とされていたのでイースターの日にシンボルとして食べられていたのではないかと言われています。

こちらも定番!イースターバニー(アメリカ4)

イースターエッグと並んで定番なのがイースターバニー。こちらもうさぎが多産な動物で、たくさんの子供を産むというところから、命の象徴として関連づけられたとされています。イースターバニーはサンタクロースのように、前の夜に卵やお菓子などをバスケットに入れて子供たちに届けるという伝説があります。今でも子供たちがいる家ではイースターバスケットを用意します。お菓子やおもちゃの入ったバスケットはスーパーなどでも売られています。

ページトップへ